2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.18 (Tue)

サマーコンサート2017

こんにちは副幹事長の横山です
今回は7月9日(日)にあったサマーコンサートについて報告します。
今年のサマーコンサートは京都府立大学合唱団、大谷大学混声合唱団の二団とのジョイントコンサートでした。
僕はこのサマーコンサートで実行委員長を務めました。
思い返せば、一年半前にどの大学とジョイントコンサートをしようかと回生で考えて、伊東先生のご提案もあり、この三団体でのジョイントコンサートをするに至りました。
僕は最初から実行委員長だった訳ではなくて、役職の不在の関係で実行委員長になりました。最初は右も左も分からず、本当にぎこちなかったです。人に言われるがままだったり、何が正しいのか考えてばかりで動けなくなったり、どうしていいのか本当に分からなかったです。その中で、足りない頭で必死に三団でのコンサートの在り方を考えて、一人悩むこともありました。
しかし、周りにはいつも仲間がいてくれました。最初はゲルの人と、こうできればいいねと身内で話すことが多かったですが、三団で話し合いをしていく中で、次第に三団みんなでこうしていけたらいいねと分かち合うことができるようになりました。各団体、役職の兼任をしている人も多く、みんなが似たような境遇にあったこともあり、互いに苦労がありました。だからこそ、互いを尊重し合うことができたのだと思います。
日々の練習では、三団体で合わせるときも、揃わないところがあったり、発音の違いもあったり、なかなか課題がありました。一回生も初めてのことが多く戸惑わせてしまったところもありましたが、しっかりと練習に来て着いてきてくれて、本当に助かりました。
そして本番当日、コール・フリューゲルのステージは第3ステージでした。宗教曲のステージでしたが、和音の響きを意識した厳かな雰囲気でした。今年は一回生のソプラノ増強により、主旋律の響き、迫力の強化ができたと思います。他の声部も全体的にまとまっていたと思います。正指揮者の指揮は当日、彼女自身の思い入れもあり、練習時よりも迫力があり、躍動感に溢れていました。コール・フリューゲル一人ひとりの他団体に負けないぞという気持ちを感じられるステージとなりました。
合同ステージは120人を越える大人数が一同に介する大迫力のステージでした。合同ステージの曲については、伊東先生が僕たちのために選曲をしてくださりました。楽しい曲や神秘的な雰囲気を持った曲、落ち着いた合唱の響きを感じさせる曲など、僕たちの様々な面をお客さんに感じてもらえるようなステージになりました。きっと多くの方に楽しんでもらえたのではないでしょうか。
私事ではありますが、このジョイントコンサートには様々な思い入れがありました。そして今、こうして無事に終えられたことを本当に嬉しく思います。
お世話になった伊東先生、各団体の実行委員会、伴奏者の方々、演奏会関係者の方々をはじめ、当日ご来場くださった方方、そして共に演奏してくれたコール・フリューゲル団員各位と京都府立大学合唱団、大谷大学混声合唱団の仲間たちに今一度お礼申し上げます。本当にありがとうございました。
これでコール・フリューゲル前期の活動は終わりとなりましたが、今年度の活動は今後も夏合宿、コンクール、定期演奏会などまだまだあります。今後のコール・フリューゲルの活躍を温かく見守っていただければと思います。
これからもよろしくお願いいたします。
13:30  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。