2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2017.07.05 (Wed)

「最終章サマーコンサートへの道のり〜歌を楽しむこころ〜」

皆さん、こんにちは!序章から第3章まで全て51代のパートリーダーが書き上げてくれました。ということは最終章も・・・?と思っている方!!・・・・・・正解です。最終章は51代テナーパートリーダーの真柴でお送りいたします。

最終章ということもあって、サマコンまで後4日というところまで迫ってきました・・・!時の流れは早いです。

まず、7月1日と7月4日の練習内容について書いてゆきたいと思います。

7月1日(土)は、サマーコンサートの第四ステージにあたる合同曲と第三ステージにあたる通年曲を練習しました。
合同曲の練習では、この前の先生練習でうまくいかなかったところを重心的に練習して、さらに磨きをかけてゆきました。合同ステージは観客である皆さんが楽しくなるような楽しいステージです。皆さんを楽しませるためには、全団員がいかに自分を捨ててはじけられるか、つまり全力で自分が楽しめるかにかかっているのです。お客様には、団員のはじけた姿をみて楽しんでくれたら幸いです。(笑)
続いて、通年曲を練習しました。4月からサマコンに向けて練習してきたということもあって、全団員自分のパートだけでなく他声部を聴きながら曲を作るということができるようになってきました。こんな感じで団員は日々成長していっているのですが、中でも特に成長を感じたのは1回生です。最初は初心者ということもあり、楽譜にかじりついてしまって余裕がない感じでした。しかし、今回の練習では楽譜を外して指揮を見ながら歌っている1回生の姿を多く見られました。この日の練習は団員の成長が垣間見られる日でしたね。

7月4日(火)は通年曲全部を練習して、その後で本番を想定した全曲通しをしました。
通年曲は全部で4曲あって、それをすべて歌うというのはとてもスタミナがいります。普通の練習ではできていたことも、通しになったらこれまで歌ってきた疲労でうまくいかないなんてこともあります。それに今回はサマコン1週間前であるので、練習時間を通常よりも30分延長しました。全曲通しと練習時間延長があった中で、団員はよく集中できていたと思います。

7月1日と7月4日の練習内容はざっとですがこんな感じです!

今回のサマーコンサートのために、上回生は3月から1回生は4月から練習を積み重ねてきました。
これまでの練習で私たちが積み重ねてきたものは、歌の技術だったり、曲への情景だったり、サマコンへの思いだったりと人によって様々なものがあると思いますが、私は「歌を楽しむこころ」を挙げたいです。

そもそも、私たちはなんのために練習をしているのでしょう?「サマコンを成功させたい」確かにそれもあります。でも、私は「本番でも思いっきり楽しく歌うため」だと思うのです。練習で発音や発声を統一することによって、良いハーモニーがうまれ、その美しいハーモニーを感じることで歌がもっと楽しくなる。それが本番でもできたら・・・さらに私たちの演奏会を観にきてくださったお客様も私たちの楽しんでいる姿をみて楽しんでくだされば・・・それはもう最高ですよね!

いかなるときも歌を楽しむこころを忘れずにそしてその楽しんでいる姿が観客にも伝わる、それが私が描く理想の演奏会です。

そのためにも、残り二回の練習でできる限りのことをして、本番に臨みたいと思います。

最後になりますが、この文を見てくださった皆さん、私たちはこれまでの練習で積み重ねてきたものを本番でも出し切れるよう、そして団員も観客も共に楽しい演奏会になるよう思いを込めて歌います。ですから是非、同志社コール・フリューゲルのサマーコンサートへお越しください!

長文でしたが、ここまで読んでくださってありがとうございますm(_ _)m
では、7月9日(日)、サマーコンサートでお会いしましょう!

15:12  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。