2015年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.26 (Sat)

クリスマスコンサート@山科中央老人福祉センターにて

 こんにちは、元正指揮者の若林です。昨日はクリスマスでしたね。僕は京田辺の友達で集まって、ケンタッキーのローストチキンと定演の差し入れに戴いたワインを堪能していました。


 さて、少し前の話になってしまいますが、僕たちコールフリューゲルは先週末の土曜日に山科中央老人福祉センターでクリスマスコンサートをしてきました。東部文化会館の行っているアウトリーチ事業の一環として、我が団に演奏のお誘いが来たのです。

 演奏は、カレソン、歌謡曲、そしてふるさとを歌う第1ステージと、クリスマス曲を集めた第2ステージ、そして合唱曲を演奏し最後にふるさとをお客さんと共に歌う第3ステージの計3ステージを、ステージ間に10分間の休憩を挟み、2、3回生を中心とした25人で行いました。

 福祉センターの一室を会場としてお借りしたのですが、なんと80人近くのお客さんが僕たちの演奏を聴きに来てくださり、会場は満員でした!「若くて可愛いね」「肌が若い」と皆さん僕たちを歓迎してくださり、本番前の緊張も和らぎました。

 最後にもう一度演奏したふるさとでは、お客さんと一緒に大合唱をしました。また、アンコールとして「夢見たものは」を演奏し、演奏が終わると皆笑顔で拍手してくださいました。僕たちの演奏を聴いて若さをもらった、元気が出た、また来てほしいと言ってくださる方々もいらっしゃり、今までの練習の成果を感じるとともに、僕たちの演奏を聴いてくれた人に肯定的な何かを伝えられたことに、爽やかな喜びを覚えました。


 今回の演奏を通して、音楽には、ステージ上で演奏し、曲や歌の美しさでお客さんを楽しませる「みせる音楽」だけでなく、演奏者もお客さんも近くで一緒になって楽しむ「共有する音楽」もあるのだなと改めて気づかされました。普段の練習や本番だけでは得難い、とても貴重な経験をすることができたように思えます。またこのようなお誘いがあれば、是非とも演奏させていただきたいものです。
スポンサーサイト
19:20  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.08 (Tue)

第49回定期演奏会を終えて

 こんにちは。先日幹事長に就任致しました三原と申します。テナーに所属しております。
 先日の土曜日、12月5日に同志社コール・フリューゲルは第49回定期演奏会を開催致しました。全4ステージで構成された本演奏会は、前年度に比較して50人ほど多くのお客様にご来場していただきました。心から感謝申し上げます。

 さて今年度のスローガンは、「この歌で君を知れた」でした。そして今年度の本サークルの方針は、対外的な活動を増やしコール・フリューゲルを広く知っていただき、またそれにより自分たちの視野を広げることでした。そこで今年度の活動を振り返りますと、石川県での演奏やICCでのグランプリ受賞など、その方針をしっかりととれたのではないでしょうか。
 そういった活動の成果か、今回の演奏会にはICCで知り合いになった岐阜大学コーラスクラブの方々にもご来場していただきました。彼らの演奏会は2016年1月23日ということで、私も楽しみにしております。

 今年の定期演奏会も当日の開催まで様々な問題や苦労がありました。しかし団員や皆様のご協力のおかげで無事に演奏会を成功させることができました。ご来場してくださった皆様、お世話になった先生方、そしてこの定期演奏会の開催にご協力してくださった皆様に厚く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 第50回定期演奏会のある来年度は、コール・フリューゲルにとって記念すべき年になるでしょう。OBOGの方々と「水のいのち」を合同で演奏するなど、50周年に相応しいステージを予定しております。私とも団員一丸となって来年度の活動も尽力させていただく所存です。
 今後とも同志社コール・フリューゲルをよろしくお願い致します。
16:37  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。