2015年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.07.24 (Fri)

台大合唱団さんとの合同演奏を終えて

こんにちは〜♪幹事長の三宅です。

先日、7月19日に台大合唱団との合同演奏を無事終えました!正直、自分自身まだ終わったという実感がないです…(笑)

SNS等でもお知らせしていたことと重なりますが海外と合同で演奏を行うということはこの49年の中で初のことであり、果たして本番で無事合わせられるか、はたまた、当日運営が滞りなくいくのか…、各々が各々の不安と緊張を抱えながらこの活動を進めてきました。特に今回は当日になって初めて台大合唱団さんと顔合わせをするということもあって、そのことも皆の緊張に拍車をかけていたと思います。

やはり、初めて合わせるということもあり急なオーダー変更等、両団に混乱を招く場面もありましたが、皆が柔軟に対応してくれたおかげもあり、本番では両団息のあった演奏を行うことができました。私は個人的に台大合唱団さんの日本語曲の上手さに驚きました!笑

本番はあっという間に終わってしまいましたが、不安と緊張が大きかった分、それ相応の達成感で一杯でした。そして何より心から演奏を楽しめたなと感じています!(終了後、感極まって涙を流す団員もいました。)

私自身、実行委員長であったこともあり、不安で押し潰されそうな気持ちでいましたが、この演奏会で一番その緊張が和らいだ瞬間というのが、台大合唱団さんをお迎えしに初めて顔を合わせた時でした…。今思えば、まだ本番も終えてないのに、しかも初めて会う相手を前にして緊張せず、むしろリラックスできたということは不思議なことなのですが、台大合唱団さんを目の前にした時、言葉にならない安心感と感動のようなものを覚えたのだと実感しています。

私は今回の演奏会で自らの不手際さゆえに周りに多くの迷惑をかけてしまいました…。その都度支えてくれた仲間に感謝してもしきれないほどです。そして、今回共に演奏会を創り上げてくださり、当日では常に私達に温かく接してくださった台大合唱団さんへの感謝の気持ちで一杯です!

この演奏会はフリューゲルにとって大きな一歩であったともに、運営面に関して、技術面に関してそれぞれ学ぶところ、課題として今後乗り越えていくべきところを得ることができたと感じています。この演奏会活動を今後の活動、そして来る50周年に向けての大きな糧にしていきたいと感じています!



同志社コール・フリューゲル
第49代 幹事長
三宅 智朗



14:51  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |