2017年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

2017.03.28 (Tue)

2017春合宿!〜o母音とu母音〜

こんにちは!新三回の星野です。今回は3月14〜18日にかけて同志社びわこリトリートセンターにて行われた、春合宿について書きたいと思います。

毎年春合宿では、通年曲や夏の演奏会に向けた曲を練習するのですが、多言語の曲が多く、日本語が恋しい毎日…。我々の滑舌が試されています。
昨年とはまた違うハーモニーを聞くと、新年代になったとしみじみ感じます。それと同時に、より素晴らしい一年にしていこうと気の引き締まる思いです。頑張ります。

ボイストレーナーの方や先生がいらっしゃる日は、団員の気合いの入り方も違います。ボイトレでは一人一人の課題を見つけ、先生練習では全体としての課題見つけ、伸びしろしかないわたしたち。ここからどれだけ変われるか、どれだけ成長できるか、より大きく感じられるでしょう。楽しみです。通常練習でも、先生方の指導を思い出し実践し、躍進していきたいと思います。

合宿最終日にはカルテット大会があります。サブパートリーダーたちがオープニングを盛り上げ、傷を負います。春合宿での練習の成果を全員が出し切れたカルテット大会。とても楽しめた、ありがとう。

ここからは生活編!
ゲルの春合宿は毎日の食事が団員の楽しみ。出てくる食事に団員(主に女子)がカメラを構え、飛び交うシャッター音。この時ばかりは編集さんの仕事はありません。だってみんながやってくれるんだもん。正直、食事が団員のモチベーション維持に繋がっていると言っても過言ではありません。ごはんって大切。
そうは言っても合宿中は、一日合唱づくし。練習ばかりで疲れも溜まるもの。しかし、単調になりがちな発声や体操にも、パートリーダーがアレンジを加え刺激をもたらします。このような練習をより楽しくする工夫は、音波のように広がっていくもの。おかげで楽しく合宿を終えられた気がします。パートリーダーってすごい。

春合宿が終われば新歓時期に入り、ゲルにたくさんの新しい仲間が入ります。新しいハーモニーを作り上げると共に、団員同士のコミュニケーションも大切にして、2017年頑張っていこうと思います。
まずは人員確保だ!!!


ここまで読んでくださり、ありがとうございます。今後とも同志社コールフリューゲルをよろしくお願いします。
00:46  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.02.14 (Tue)

卒部式

こんにちは、正指揮者になりました、2回生の浜岡です。

今回のブログでは、2月12日(日)に行われた、卒部式について書きます!

卒部式といっても、大学の練習場で行われるもので、大きくはありませんが、1日がかりで行われるとても大切な行事です。

今回卒部されたのは、私たちが1年生の時の執行回生であった先輩方で、「大学合唱コンペティション&コンベンション」というコンクールで金賞とグランプリを取られた代の方々です。

卒部式では、まず先輩方が、思い入れのある曲や、これまで歌って来られた通年曲などを歌われた後、

各回生からそれぞれ1曲ずつ、そして1〜3回生全員で2曲の計5曲を卒部生に届けました。

そののち、卒部生が劇を交えておもしろいステージを披露してくださり、男声・女声有志、各回生と4回生の合同ステージ、そして最後には、全員で「くちびるに歌を」を歌いました。

わたしは、卒部生が入場された時点で、いろいろなことを思い出してしまって、1曲目の「旅立ちの日に」で泣いてしまいました。笑
その後の曲も、とてもきれいに歌われていて、こんな先輩たちに指導してもらえたのは本当に幸せなことだったなあとしみじみ感じました。

最後に全員で歌った「くちびるに歌を」では、みんなの息もそろい、素晴らしい演奏ができたと思いました。卒部される元正指揮者の先輩の気持ちがとても伝わってきました。先輩の気持ちを受け継いでこれから1年がんばります。

卒部式の後はコンパがありました。卒部される4回生の先輩や、OBOGさんとたくさんお話できました。こんな会が開けるようにこれからも頑張らないといけないなあと感じました。


入部した時は何が何だかわからず、ひたすら先輩方についていくのに必死でしたが、そんな先輩たちが卒部され、私たちがもう執行回生になるのかと思うと、2年とはあっという間だなと感じるとともに、執行回生となることへの不安でいっぱいです。
私たちが卒部する時、こんな先輩の元で歌えてよかったな、私たちもこうなりたいなと、思ってもらえるようになれたらいいなとは思いますが、そんなことを考える暇もなく1年がすぎるような気もします。
先輩方に教えてもらったことは数知れず、たくさんあります。1回生の時の執行回生だったからという理由もあるかも知れませんが、卒部生の先輩方が、わたしはとても大好きです。先輩方が卒部されるのはとても寂しく、心細いですが、またお時間あれば遊びに来てください。温かく見守っていただけると嬉しいです。先輩たちみたいになれるように、精一杯努力します。
卒部される先輩方、今まで本当にありがとうございました!

長い文となりすみません。最後まで読んでいただいてありがとうございました!


16:59  |  日記  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.17 (Tue)

代替わり!?新執行発足!!

DSCN4002.jpg

こんばんは
新年明けましておめでとうございます
この度、同志社コールフリューゲルの副幹事長になりました、横山です
昨年の定期演奏会が終わってから、同志社コールフリューゲルは50代執行から51代執行へと移行しました
今年1年、よろしくお願いします

近況報告として、先週から新執行を主体とした練習が始まりました
1月15日(日)に団内合唱祭があり、2月に卒団される4回生との最後の有志ステージを楽しみました
私事ではありますが、最近はお世話になった4回生が卒団されることを思うと、胸が締め付けられる思いです( ;∀;)
しかし、団内でもらった差し入れを手に、僕はまた笑顔に戻るのです✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

そして、15日の夜には引継ぎ式をし、50代執行の先輩方に51代執行からお疲れ様の意を込めて、プレゼントを贈りました
50代の先輩方はゲルが50歳を迎える大切な節目の執行であり、例年とは大きく違った活動も多く、大変苦労の多い代でした
それでも弱音も吐かず、僕たち51代執行に先輩としての姿を見せ続け、ゲルをここまで導いてくださいました
改めて、50代執行の先輩方、一年間本当にお疲れさまでした

最後に、昨年度で須賀敬一先生が同志社コールフリューゲルの最高指導者を引退され、51代からはその立場を伊東恵司先生が務められます
50代を節目に、同志社コールフリューゲルは51代から変わっていくことになると思います
50代執行の先輩方に負けぬよう、51代執行一同も頑張っていきますので、温かい目で見守ってもらえると幸いです
代替わりはしても、今後とも変わらず同志社コールフリューゲルをよろしくお願いします
21:44  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.26 (Mon)

第50回記念定期演奏会を終えて

幹事長の三原です。

先日12月18日は、コールフリューゲルの第50回記念定期演奏会でした。当日は580名というたくさんのお客様に恵まれ、また演奏会自体も大成功!感無量でございます。
お越しいただきました皆様、本当にありがとうございました。

さて、今回の演奏会は無事成功しましたが、これでフリューゲルがゴールに到達したわけではございません。来年からは51年目、またこれからの10年、20年、そして来るべく100周年に向けて歩み始める新たな一歩を踏み出したことになります。
幹事長の私からみても、今回の演奏会にはたくさんの反省点がございます。しかし、毎年よりよくしたいと思い改善を図ることで、さらに素晴らしい団になると私は信じています。

最後になりましたが、本演奏会の開催にあたりご指導ご協力いただきました諸先生方、関係者の皆様に厚くお礼申し上げます。
今後とも同志社コールフリューゲルをよろしくお願いします。


第50代幹事長 三原瑞木
21:54  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.15 (Tue)

あと1か月


こんにちは、元副幹事長の樋口です。
久しぶりにブログを更新します。


先日、次期の運営・技術を決める選挙総会が行われました。
新しく運営・技術になる1回生、チーフになる2回生を見て老いを感じました。
執行の3回生は今まで上手くいったことばかりではなかっただろうけど本当にお疲れ様でした。
あとは定期演奏会を残すのみですね。ラストスパート、頑張ってください!


さて、定期演奏会まで約1か月といつの間にかもうすぐそこまで来ています。
学生だけの練習は少なくなり、先生方に御足労いただく機会が増えてきました。
今日の練習では日下部先生をお呼びして通年曲の御指導を賜ります。
一回の練習、歌う一音一音に集中して先生方に応えたいですね…!


今回のブログでは定期演奏会の宣伝をします!

第一ステージは副指揮者のステージです。萩原先生のピアノにのせて「等圧線」を演奏します!
1曲目の冒頭から聴きに来て下さった皆様の心をわしづかみします。
どうぞお聴き逃がしのないようよろしくお願いします!

第二ステージは正指揮者のステージです。
一年間練習してきたラテン語曲の集大成です。
先生方から教わったことをもとに、学生練習で磨き上げたアンサンブルをどうぞお聴きください。

第三ステージは伊東先生に指揮を振っていただきます!
今年はなんと委嘱初演です…!!
「友よ、君の歌を」(作詞:みなづきみのり/作曲:千原英喜)を、ウッドベース奏者のお二人と演奏します。
曲についてここでは詳しいことは書けないのですが、団員一同魂を籠め力を振り絞りながら練習しています…!!

第四ステージは、須賀先生に指揮を振っていただき、加藤先生にピアノを弾いていただきます!
コールフリューゲルでは何度も歌い継いできた「水のいのち」を、OBOGの方々と一緒に演奏します。
約200人での大合唱です!

第50回記念定期演奏会


是非演奏会に足を運んで下さい!


駄文失礼しました

テナー4回生  樋口 智史
14:57  |  日記  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT